4年生理科「空気と水」

 

   体育館から子どもたちの楽しそうな声と、「ポンッ」という高い音・・・。

4年生が理科の「空気と水」の学習で、空気でっぽうを飛ばしていました。

 

 

空気でっぽうはどうして飛ぶのかを、空気の性質の観点から考えました。

筒の中を見ながらゆっくり押し棒を押すと、

空気が押しちぢめられて玉が飛んでいる様子がよくわかりました。

 

 

筒の中に空気の代わりに水を入れると、玉は飛びませんでした。

「え~なんで!?」「空気のときと全然違う!」と興味津々の様子。

 

次回の水の性質についての学習もしっかりできそうな予感です。